野口智哉さんと一問一答「バファローズの顔になりたい」「吉田正尚選手のような打てる選手に」

0
208
オリックスから2位指名された野口智哉さん(撮影・小野桃子)

関西大学体育会野球部の野口智哉内野手(人間健康4)が11日、同日都内で開かれたプロ野球のドラフト会議でパ・リーグのオリックスから2位で指名されたことを受け、千里山キャンパスで会見に臨み、バファローズの一員になったことを喜んだ。以下、野口さんとの会見での一問一答。【村岡すみれ】

【写真】ブースポカメラマンの前でスイングを披露する野口智哉さん

ーいま、緊張してますか?

「そうですね、こんな感じで喋るのは初めてですし、緊張はしてます」

ー2位指名を受けての、率直な感想はいかがですか

「すごく高い評価をいただいて。本当に、オリックスバファローズとは何か縁があるのかなあと思いました」

ーそれはどういったような

「小学生の時に、オリックスジュニアに選ばれていたっていうのもあって。その当時の指導者だった乾(絵美)さんがスカウトをされていると。そういったチームに行けるというのはすごく縁を感じます」

ー1位を望んでたというのはある?

「 もちろん、1位で行けなかった悔しさは自分の中であるんですけど。これからしっかり活躍して、選んで良かったなって思えるような選手になりたいなと思います」

ーいまオリックス好調ですけども、どんなイメージですか

「本当にすごく好調で、パ・リーグの首位ということで、すごくテレビを見てても個々の力がすごく高くて。なおかつチームとしてのチームワークもすごくあって、本当に強いチームに入れるんだなと、すごく光栄に思います」

ープロ野球で目標にされている選手、またオリックスの中で意識している選手はいますか

「プロ野球全体で目標としている選手は巨人の坂本選手で、オリックスバファローズでは、吉田正尚選手のような打てる選手になりたいなと思います」

ー(ドラフトに漏れた)久保田拓真選手とは何か話した?

「まあ…終わってからはあんまり喋ってないんですけど。始まる前とかは普通に、普段の会話はしてました」

ーここに送り出される時に、何か声をかけられるとかはありましたか

「『おめでとう』というふうには言ってもらえました」

ープロへの意気込みを教えてください

「オリックスバファローズの顔となれるような、ファンの皆さんに応援されるような選手になりたいなと思います」

ープロ野球で目標にしているバッターは

「先ほども言いましたように、オリックスバファローズの吉田選手はすごく身近でお手本になる存在だと思うので、本当に、いいところをしっかり吸収していきたいなと思います」

ー吉田選手のスイングで、これまでに何か参考にしたことはありますか

「例えば、フルスイングするっていうところはすごく見習ってますし、やっぱり選球眼もすごくいいと思いますし、三振も少ないですし。そういう選手になりたいというふうに思いながらいつも練習してます」

ーオリックスで徳島出身の杉本(裕太郎)選手に対する印象と、徳島で(鳴門渦潮高時代の)3年間過ごしてきたということで、徳島の方にひとこと、改めてお願いします

「杉本選手は、自分が2回生ぐらいの時にオリックスバファローズと練習試合をさせていただいた時に、杉本選手のバッティング練習を間近で見ることができたんですけども、すごく飛距離が半端ないなとは思いました。徳島はやっぱり、そうですね、高校入る前に不安だった自分がすごく徳島に馴染めたっていうのはすごくいろんな人の支えがあったからだと思っています」

取材陣の前でポーズを取る野口智哉さん(撮影・小野桃子)

ー関西大学での4年間を経て2位で指名をされたということについて、もう少し詳しく思いを

「自分は入学する前に上位で、なるべく上位でプロに行くっていうふうな意気込みを持って入学してきて。それから4年間、自分の中で培ってきたものっていうのがここにきて、こういう結果でまあ表れて。2位だったんですけど、1位じゃなかったっていうことはまだまだどこかで足りない部分がたくさんあったのかなと思いますし。次のステージではそれをしっかりと補っていきたいなと思います」

ーより具体的に、バッターとして、また守備の方でどんな選手になりたいかということと、当面の近い目標・遠い将来の目標を教えてください

「先ほども言いましたように、吉田選手のように毎年首位打者を争うような、打席と打率をまずは稼げるバッターになっていきたいなと思います」

ー関大生に向けて今後の意気込み・メッセージをお願いいたします

「関大の生徒の皆さんに応援してもらえるような選手になれるようにがんばりますので、応援よろしくお願いしますと言いたいです」

ーオリックスジュニア時代の乾スカウトとの思い出、やりとりはある?

「普通のコーチと選手の会話はしてたかなと思いますけど、そこまで何があったとかは特にあまり覚えてないです」

ーオリックスは内野手が若い世代が多いが、1年目からそこに殴り込みをかけると言ったような気持ちはある

「もちろん、オリックス若手選手の内野陣と競争できるということはすごく自分も楽しみにしてますし、しっかりとその競争に勝てるようにやっていきたいなと思います」

ーオリックスジュニアに所属していた学年と、乾さんは当時のコーチだったのですか

「そうです、コーチです。オリックスジュニアにいたのは小6の9月ぐらいから小6の12月くらいの、まあ非常に短い3カ月だったんですけど、すごく自分の中ではいい経験ができたなあと思います」

ー今シーズンのオリックスは中嶋監督以下、すごく若い選手が登用されて若い選手が伸びているが、そのあたりのチームカラーというか、チーム状況についてはどう感じましたか

「すごく若手選手が活躍して、1位という素晴らしい順位におられると思うんですけど。自分も、その若手選手たちに負けないように、これからしっかり頑張っていきたいなと思います」

ーそういうチームに指名されたことには、やっぱり楽しみという気持ちはある?

「そうですね、やっぱり同世代には負けたくないという気持ちはあるので、そういう若い世代が活躍しているチームに行けるというのはすごく自分の中で刺激になることですし、すごく楽しみにしてます」

緊張した表情で会見に臨む野口智哉さん。早瀬万豊監督(左)の優しそうな表情が印象的だった(撮影・小野桃子)

ー指名の瞬間はどこで聞いた?

「関西大学の東体育館にミーティングルームがあるんですけど、職員の方が特設会場を造っていただいたので。やっぱり自分は、周りの方々に支えられてるなあと改めて感じることができました」

ー関大のプロ野球選手は岩田(稔)選手がいたが、入れ替わる形になった

「そうですね。阪神と(関西大学が)オープン戦をやらせていただいた時に、岩田さんから『次は頼むぞ』っていうふうにお声がけはしていただいたんで。自分と森(翔平)さんが関大の名に似合った活躍ができればいいかなと思います」

ーきのう(10日)は関西学生野球で優勝。きょうはプロ野球選手としての第一歩を進む日となった。今日の一日はどんな日になれそうですか?

「人生の中でも、すごく印象深いっていうか、自分の中でもすごく大きな一日になったと思うので、きょうはきょうで。あしたからまだまだ大学の試合が残っているので、最後はみんなと笑って。日本一になれるように気を引き締めて取り組んでいきたいと思っています」

ー早瀬監督からは

「まあ『おめでとう』とは声をかけてもらいました」

ー奈良出身ということで、同じ関西圏でまた野球ができるっていうことに関しては

「やっぱり関西は馴染みがあるんで、そういったところでプレーできるっていうのは自分の中でもうれしいことですし、周りにもたくさん応援してくれる方々がいるので、応援してくれる人たちのためにも、しっかりと活躍できるように頑張っていきたいなと思います」

ービジョンみたいなものはあるのですか

「とりあえずは目先の…まずはスタートで、ほかのルーキーとは違うってところを見せていきたいなと思います」

ー大学で関大生に報告会みたいなものがあるとすれば、どんなことをやりたいというにはありますか

「関大に望むことですか?やっぱり、チームメイトみんなで一緒に写真を撮りたいと思います」

ー関大前で好きな店とかはありますか?

「今もやっているかわからないんですけど、ウッドビレッジっていう…今は飲み屋さんに変わってしまいましたけど、僕が1年生とか2年生の頃はオムライスがすごくおいしくて、週1で通っていた記憶があります。

ーご両親には報告を?

「まだできていないですけど、たぶん知ってくれていると思う。もう一回帰って、報告したいなとは思っています」

ー対戦したいピッチャーはいらっしゃいますか?

「さっきも言ったんですけど、自分はずっと(オリックスの)山本由伸選手の球が見たいと思っていたので、そこはチームメイトとして、次は山本選手の後ろで守れるように。対戦したいピッチャーは、全員です」

【関連記事】

人間健康学部4回生野口智哉さんをオリックスが2位指名「高い評価をいただいて光栄」

関西大学経済学部4回生小山翔平さんを巨人が育成6位指名

フィギュア界のレジェンド佐藤信夫さんが語った母校愛とフィギュア愛

関大初のボクシング王者・拳四朗さんに織田信成さんが食レポの奥義伝授

「大迫 半端ないって」生みの親は元関大生 流行語大賞を辞退

返事を書く