関大クラスター「濃厚接触者これ以上増える可能性低い」24日の新規感染者確認はゼロ

0
1114
関西大学千里山キャンパス

関西大学は24日までに、学内で発生した新型コロナウイルスの感染者集団(クラスター)に関連する関大生の感染者は24人(大阪府内22人、奈良県2人)になったと公表した。24人は全員、同一団体のメンバーとみられる。24日判明の新規感染者は、現時点でいない。

【写真】コロナ禍で…関大前屈指の名店がまさかの閉店

感染予防措置として、24日までの出席停止ならびに自宅待機を通知されているのは1914人。ブームスポーツの取材では、理工系3学部7学科の学生に広がっている。週明け26日以降の措置について、大学は25日までの状況を判断して決める。

大学の説明では、濃厚接触が疑われる団体のメンバーを中心にした関大生約100人に随時、PCR検査を実施。22日までに63人は陰性だったとした。未検査や結果が出ていないのは15人ほどだという。

同じ団体の学生だけに感染者が限られることから、大学では対面授業ではなく、課外活動を通じて感染が広がったとの見方を強め「濃厚接触者が今後更に大きく増える可能性は低いと考えています」と説明した。

コロナ禍でクラブ・サークルなど関西大学の公認団体には、活動計画の提出や感染防止対策が求められているが…。保健所や、関西大学の保健管理センターなどの聞き取り調査で、大学は「活動そのものはマスクを着用するなど徹底していたようですし、大勢で集まったり宴会するなどもなかったようですが、課外活動後に少人数のグループに分かれてごはんを食べるなどの会食をしており、そこから感染が広がったようです」(担当者)と、少人数での会食をクラスターの原因としてみている。

【関連記事】

関西大学クラスターで16人感染…感染者は同一団体、授業で感染は「低い」

関西大学でクラスター、10人コロナ感染 約1300人対象に対面授業取りやめ

対面授業再開後に関大生がコロナ感染発覚…濃厚接触者も

関大生有志が学費減免求める署名活動「施設利用できないのに」

関西大学が学費減額の可能性否定「検討していない」

返事を書く