学ぶ!ロックの歴史 CLUB SOCIOがスタート

0
14

関西大学千里山キャンパスで1月28日、社会学部メディア企画演習(音楽)の学生が主体となったDJイベント「CLUB SOCIO(クラブソシオ)」が行われた。【写真・社会学部のTVスタジオが、DJスペースに!(撮影・岡田拓也)】

ロックの歴史をDJ形式で振り返るという授業の一環で、当日は同学部内にあるTVスタジオがDJスペースに変身。DJ役の学生がエルビス・プレスリーからKANA-BOON、ゲスの極み乙女まで、リクエストも交えた45曲を紹介した。

音楽とメディアの文化や歴史を学ぶ音楽メディア研究プログラムは、社会学部の学生にも人気の科目だ。クラブソシオの代表・津隈小雪さん(21=社3)は「音楽産業について調べていく上でロックに焦点を当てたことが、今回の発表の元になっている。私たちの代が初で、来年以降も続けていく」と、研究発表の場としてクラブソシオを続けていくことを明らかにした。

前例のない企画は、苦労の連続だったという。津隈さんは「何度も企画案がボツになった。とにかく時間がなくて、予定を組んでいく上でも、イベントを実現することの難しさを痛感した。たくさんの人の協力で成り立たせることができた」と話す。

これからの可能性を感じさせるクラブソシオ。秋学期試験に追われるなか、異色の学内イベントを実現させたスタッフがロック魂を体現した。
【当日のプレイリスト】https://www.youtube.com/playlist?list=PLbmSPycwCl4Ny4u5eXanRMMJ1yjKXa7VY

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

返事を書く