高橋大輔さん西日本選手権へ「4回転やっていきたい」

0
2096
フリーを終えた高橋大輔さんは、この表情…

「フィギュアスケート・近畿選手権、男子フリー」(8日・兵庫県尼崎スポーツの森)

ショートプログラム(SP)首位でフリーに臨んだ関西大学KFSCの高橋大輔さん(32=08年文卒)は118.54点、合計195.82点で3位。4年ぶりの復帰舞台で、表彰台に上がった。西日本選手権(11月1日開幕・名古屋市日本ガイシアリーナ)出場が確定したが、不完全燃焼の結果に危機感を募らせた。

転倒しても、立ち上がっていく姿が1500人観客の胸を打った。ノーミスだったSPとは対照的に、フリーでは32歳のリアルが見えた。「いやあ、最低ですね。現役復帰してからこんなにボロクソな演技は初めて。悔しいっていうところよりも、これが今の自分の実力なんだっていうところをすごく実感しました。ここから上げていくだけだということを同時に思いました」。日本中の注目を浴びたスケーターは、必死に前を向いた。

【写真】高橋大輔さん「スコアが出るのを忘れて帰ってしまった」

目標とする全日本選手権への最終関門・西日本選手権出場は決めたが「このまんまじゃ本当にヤバいので。西日本通過できるかどうか、わかんないくらいの演技だったと思います…きょうのフリーは」と危機感を口にする。コンディションは7日のSPよりも良かったというが、3回転半ジャンプでは2度転倒。スタートしてすぐの振り付けを間違えてしまった。後半足にきた…とファンをハラハラさせた4分間を振り返った。

4年ぶりの復帰舞台で表彰台に上がった高橋大輔さん

ジャージには「KAISERS CLUB」の文字が光る。所属する関西大学の地域フィギュアスケートクラブ・カイザーズフィギュアスケートクラブ(KFSC)だ。高橋さんは〝関大所属〟として、関西大学からスケートリンク使用などの設備面で支援を受けている。芝井敬司学長(62)は「彼の決断なので、支えてあげたい。もう学生ではないので、カイザーズの一員みたいな形になると思いますけど、応援しています」とバックアップ。池内啓三理事長(75)も「復帰するならちゃんとトップ目指さなあかん。それには支援していきます」とゲキを飛ばす。

スタンドでは、フリーの振付を担当したブノワ・リショーさん(30)が見守った。西日本選手権まであと20日あまり。見つかった課題を、ブノワさんとともに修正していくという。「4回転なんかはこの試合に向けてはやってきてなかったので、この試合の後から4回転を含めやっていきたいなと思います」。不満の残る結果を受け、ハートに火をつけた高橋さん。32歳の挑戦は、まだ始まったばかりだ。【村岡すみれ】

【関連記事】

【高橋大輔さん一問一答フリー】「このまんまじゃ本当にヤバい」「西日本通過できるか…」

【高橋大輔さん一問一答SP】「スコア出るの忘れて帰ってしまった」

高橋大輔さん首位発進「戦っていけることは幸せ」

現役復帰 高橋大輔さん〝関大所属〟に 学長&理事長が全面支援

返事を書く