ー宮原選手のことについて教えて下さい

「体調が悪いので、夏バテも含めて、ちょっと熱が高いのと、胃腸の方の働きも悪い。ご両親はお医者さんなので…安静にしている。もともと体調が…体力がまだ戻っていない。大ごとではない。慎重に、今週はお休みということにしました。疲労骨折の方はほとんど完治と言われている」

ーアイスショーでの捻挫は

「ちょっと捻挫はしましたけど、大したことではないです。いま体調が悪いので…」

ー本田真凜選手がショートプログラム(SP)を新しくした狙いは

「まだ決めてはいないんですけど。今シーズンはタンゴをやっていたんですが、ここ最近になって〝もうちょっと違う曲もしてみたい〟と。彼女は芸術家なので、いろいろ発想が変わるので…。私はかねてから大好きな曲があって、真凜にこの曲よく聴いているよと聴かせたら〝これで振り付けをしてみたい〟と。これも作ってみようということで、まだ選択中なんですけど。今度、米国のUSオープンに行った帰りにデトロイトで振り付けして帰ってくることにしました。マリーナ(ズエワ)さんにお願いしようかと」

ーどういった曲なのですか

「神様のプレゼントがもらえるような曲。私も好きでよく聴いている曲で(真凜が)私もこれで滑ってみたいというので…美しい神様からのメッセージの曲です」【写真・本田真凜さん(左)を指導する関西大学アイススケート部の濱田美栄コーチ】

ー新しい挑戦をしようと思った理由は

「その曲を聴いてそう思ったと。彼女はすごく気持ちだけなんで…。何かの振り付けを身につけるのに時間はかからないので。気に入ったらパッとできるし、気にいらなかったらできないし。本人がどうしても滑ってみたいというのがあって、いいのができるんじゃないかと。真凜にぴったり。タンゴは悪くないのですが、曲調がきざんでいく曲なので。流れのある滑りというのが彼女の良さなので、いいところがでるかと思っています」

ー真凜さんの課題は

「同じことをするということ。繰り返しができるかということです。微妙にプログラムも気分で変わってくるので、確率を上げるために。同じ動き、ジャンプもタイミングや同じアプローチでしないと確率が上がってこないので。気分で変わっていくのをやめるということです。なんでもできるけど、確実に同じところまではもってこれないので。反復練習がもっとも苦手。その日になってみないとわからない。コンスタントな練習ができるというのが課題です」

ーシーズン直前にSPを変えるのは異例

「時間がかからないし、気分さえ乗ればできるので。あれ滑りたいなと思って、消化不良のまま出すとかえって悪影響だと思う。1週間あればできると思うので、あんまりそれは気にしていない。同じプログラムで、シーズン途中で飽きてくる時があるので、もうひとつあった方がかえっていいのかなと思う」

ーシニアデビューを迎える

「気分だけなんで。あの人の場合。向こうに行って、演技前に立った時に気分良かったらやるんじゃないですか。本当に読めないんです。正直能力もあるし華もあるし、シニアはシーズンを通し試合数が多くなって、集中力を切らさないことが大事。気持ちの問題と思います。とりこぼしが多く、試合ごとに幅があるので…。本人も課題は集中力だと言ってました。それが一番大事じゃないかと思っています」

ー真凜さんにシニアの意識は

「あんまり私は感じない…(笑)。どうなんでしょう?いい加減なところがあの子のいいところ。なんか型にはまらないので、まぁ、難しいですね。バレエ的な要素の練習をしなくてもできる子なんだけど、バレエを習い始めました。3カ月もてば…まぁ様子を見ています」【8月30日、関西大学たかつきアイスアリーナにて】

返事を書く