甘くない指導で甘〜いスイーツ開発!社会学部池内裕美ゼミの学生が「シメパフェ」新商品発売

0
479
開発した商品をPRする池内ゼミの学生

関西大学社会学部の池内裕美ゼミの学生が、大阪府内の企業と連携して、北海道・札幌エリアで定番となっている「シメパフェ」を大阪でも流行らせようと3つの産学連携カップスイーツを開発。8月2日から楽天市場、Yahoo!ショッピングサイトのオンラインショップほかで発売を開始した。

【写真】家で再現!関大前「武双家」が通販開始 さっそく作ってみた

シメパフェは、酒や食事の締めとしてパフェを食べること。2015年に札幌市から火がつき、大阪などでもシメパフェが楽しめる店が増えている。

消費心理学の研究で知られ、ワイドショーのコメンテーターとしても活躍する池内教授のゼミは、2018年に大阪市に本社を持つ株式会社プラタとスマホケースを共同開発。消費者の購買行動を分析するなど、連携を深めてきた。同社の食品事業参入を機に、スイーツ開発にも挑戦。堺市の食品コンサルティング会社・デリコの協力を得て、ゼミの3回生の課題として商品を世に送り出してきた。

新定番おつまみパフェ カドゥーデボヌール
洋折衷スイーツ 和茶ラーナ洋かん
オトナの贅沢 ぱふパフェ

今回発売したのは「新定番おつまみパフェ カドゥーデボヌール」と「〝和洋折衷スイーツ和茶ラーナ羊かん」、「オトナの贅沢 ぱふパフェ」の3種類(いずれも6個入り、税・送料込4980円)。19年の「夏でも売れる和菓子」、20年の「冬のスイーツ」に続く第3弾。池内教授が「これまでで最高の自信作」と推す。

消費者心理学を学ぶゼミ生が約4カ月にわたって議論・検討を重ね、池内教授の甘くない指導の下、ようやく発売にこぎつけた。「オトナの贅沢 ぱふパフェ」チームのリーダーで、社会学部3回生の松田栞奈さんは「パフェの上に存在感バツグンのシュークリームをのせた新感覚のカップスイーツ。日々奮闘する方々の癒しになるような、満足感あふれる一品です」などと商品をPRした。

楽天市場 食べモア店 https://www.rakuten.ne.jp/gold/tabemore/

Yahoo!ショッピング 食べモア店 https://shopping.geocities.jp/tabemore/

【関連記事】

関大前の人気ラーメン店「武双家」が通販開始!初日は秒殺完売

関西大学でコロナワクチン2510回分廃棄、理事長ら謝罪

関西大学のワクチン接種、対象を関大生の家族まで拡大

悠久の庭は「密」!?ワイドショーで大拡散…関大は〝密じゃない〟

【写真】対面授業開始すぐの関大前騒然!学生街封鎖で「通行できません」

返事を書く