村元哉中さん クリス・リードさん急逝に「同じ志を持ってスケートに打ち込んだ」

0
340
関大生時代の村元哉中さん

フィギュアスケートのアイスダンスで、2015年に村元哉中さん(むらもと・かな、27=16年人間健康卒)とカップルを結成し、日本代表として2018年平昌五輪の同種目にも出場したクリス・リードさんが米デトロイトで15日、心臓突然死のため死去した。30歳の若さだった。

クリスさんの急逝を受け、村元さんが17日夜、自身のインスタグラムを更新。クリスさんと氷上で抱き合った写真とともに「突然の訃報に言葉を失っています。良い時も悪い時も氷上で共に同じ志を持ってスケートに打ち込んだ日々など、思い出は尽きません。今はただ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。ありがとう、クリス」と悲痛な思いをつづった。

クリスさんは昨年12月、YouTubeを通じて現役引退を発表。今年1月から姉のキャシー・リードさん(32)らとともに、大阪府泉佐野市の関空アイスアリーナを拠点にしたアイスダンススクールを始動させていた。引退表明では関空アイスアリーナの開設に触れ「(所属の)木下グループ、関西大学に感謝している」と話していた。近く来日予定だった。

村元さんは2018年8月にクリスさんとのカップルを解消。関西大学KFSCの高橋大輔さん(34=08年文卒)との新カップルで、米フロリダ州のリンクを拠点に練習を開始している。米国での新型コロナウイルス感染拡大の影響で、16日からリンクが閉鎖になっていた。

【関連記事】

宮原知子さん来季は「超知子」!?世界選手権中止受け思いつづる

関西大学の芝井学長、現役続行高橋大輔さんの支援続行明言

【動画】宮原知子さんがピアスを開けた理由「ここからチャレンジが始まっています」

現役復帰 高橋大輔さん〝関大所属〟に 学長&理事長が全面支援

【全日本フィギュアSP後】高橋大輔さん現役続行示唆「できれば長くやっていきたい」

返事を書く