倒木の下敷きとなり、破壊されたあすかの庭の自動販売機=5日午前10時半撮影

台風21号の影響で、関大前の一部では4日午後から停電が続いている。復旧のめどは立っておらず、5日も多くの店舗が休業した。停電が続いているのは吹田市千里山東1丁目から2丁目にかけての阪急千里線沿いの区域。

関西大学千里山キャンパス内では、多数の倒木が散乱。朝から職員や体育会の学生らが、処理に追われていた。法学部などがある第1学舎前のあすかの庭では、倒木の下敷きになった自販機が破壊され、ジュースの缶などが多数散乱していた。

吹田市に最も近い豊中市の大阪国際空港にある観測地点では、4日午後2時1分に史上最大となる瞬間風速38.1メートルを記録した。

【関連記事】関西大学の6、7日の授業休講に 異例の学長判断-2018年7月6日

返事を書く