村元哉中さん、高橋大輔さん一問一答「どんなチームになるんだろう…ワクワク感がある」

0
3507
NHK杯のフリーダンスで演技する村元哉中さん(左)、高橋大輔さん=11月28日(写真:アフロ/JSF)

「フィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯」(28日、大阪府東和薬品ラクタブドーム) 

アイスダンスのフリーダンスが行われ、関西大学KFSCの村元哉中(かな、27=16年人間健康卒)、高橋大輔(34=08年文卒)組は93.10点、リズムダンスとの合計157.25点で3 組中3位に終わった。フリーダンス終了後の会見での村元さん、高橋さんの一問一答は以下の通り。【村岡すみれ】

【写真】表彰式で…村元さんにメダルをかける高橋大輔さん

-デビュー戦を終えた率直な感想は?

高橋「今日のフリーなんかはちょっと僕自身ミスがあったので、すごく悔しい部分があった。あとはデビュー戦を終えて課題になった部分とひと安心した部分と、これからより一層モチベーションが高まった部分と、本当いろんな気持ちをこのNHK杯では感じることができた。そういった意味でいいスタートが切れたと思います」 

村元「リズムダンス、フリーダンスと終えて、初デビューとなるのをお客さんの前でできたことはすごく嬉しいんですけど、いつもしないミスがあったり。落ち着いてできたんですけど初めての試合だったので、緊張感もあったのかなぁっていう感じがして。でも、今後につながる試合となったので、課題はたくさんだったんですけど、次の試合はたぶん大丈夫なんじゃないかなって思います」 

−昨日のリズムダンスと比べてよかった点・課題点は? 

村元「最初から最後まで大きなミスなく終えられたのが良かった。ミスがあった部分で、どうやって息を合わせていくかというのもすごい勉強になった。悪かった部分はリフトやツイズル、トラディションの部分で普段しないちっちゃなミスがあったこと。でも勉強になったことの方が多かったので。本当にいい試合になったんじゃないかなって思います」 

高橋「大きな失敗はツイズルで転倒しかけたこと。普段の練習ではあそこまでの失敗はしないので、これが試合なのかなとか、緊張感なのかなって。トラディションの部分でも足が引っ掛かりそうになったのも、いつもはほとんどないですし。そういった中でメンタルコントロールっていうのをちゃんとしていかないといけないんだなっていうのも課題になりました。そういった想定外のミスがあったことが次につながっていくんじゃないかなと思います。 

-全日本選手権や北京五輪に向けて、どんなふうに高め合って…またどんなカップルになりたい? 

村元「今大会で、自分たちが入れてるエレメンツでどれぐらい取れるかっていうのが分かったので、そこを全部レベル3、4に近づけるようにこれから全日本に向けて少しずつ改善していけるように。これは本当に最初のステップの試合で、その先の全日本、北京五輪っていうのをもちろん私たちは目指しているので。チームとしては始まったばっかりなのでどういうチームになるんだろうっていうワクワク感があるんですけど、マリナ(ズエワ)コーチも含め、コーチみんなが新しい風を起こしてくれる、世界で戦えるチームになるって言ってくれてるので、その言葉を信じて練習あるのみだと思っています。 

高橋「北京五輪を大きな目標として目指していく過程での全日本選手権。あと3週間ですけど、焦る気持ちを抑えて、少しでも良いものができるように着実に練習していけば全日本にはつながっていくと思う。北京五輪に向けて、難しいことではあると思うんですけど、いけると信じて頑張っていこうと思います。 

-リフトのための準備や体力づくりは? 

高橋「特に肉体改造っていうところでは、シングルだとなるべく体重を付けないように量を減らしたり制限があるんですけど、ダンスに向けては食べて食べて食べて筋肉を付けてっていう形での食事改善から、トレーニングの仕方も変えたりして、それをしていく中でリフトはできるようになってきたかなと思います。でもまだリフトをしている途中で呼吸が止まってしまったりとか、余裕をもってリフトをすることができないのでそこが課題かなと思います」 

-練習中にマリナ先生に一番注意されたことは? 

高橋「足さばきがシングルはアイスダンスに比べて甘い部分はあるので、そこら辺はアイスダンスの、つま先まできっちり合わせていくっていうところについて最初の方は毎日耳にタコができるくらい言われましたし、ほんとに姿勢ってところもできてない部分があるんですけど、ほんとに毎日毎日姿勢のことは言われました」 

-トランジションの足がもつれたときはどういう感じだった? 

高橋「エッジが当たったり…」 

村元「エッジが当たって『あっ』ってなりました(笑)」 

高橋「タイミングがずれちゃって、そのまま引っかかってたらお互いこけてたっていうくらいギリギリで。あとはリフト降ろした後の次に入るステップのタイミングが合わなかったりですとか、そういった細かい部分で普段あまりしないようなミスがあったのはちょっとびっくりしました」 

-ツイズルで転倒しかけたのは何があった? 

高橋「会場に入ってきてからのツイズルが不安定で、そこら辺がちょっと考えすぎちゃった部分があるのかなといったところで…。テクニカルというよりはメンタルのところなのかなって思います」 

-シングル時代よりも気をつかうところは多い? 

高橋「2人でやってる部分なので『3回転にすればいいや』ってこともないのできっちり4回転回らないといけないっていう、そういったところではやっぱりシングルの時に比べると常に神経を使ってるっていう部分が違うかなと思います」

【関連記事】

高橋大輔さん笑顔でアイスダンスデビュー!「落ち着いて楽しもう!」

【写真】村元さんと息ぴったり!コミカルな動きも!笑顔も!見せた新境地

【写真】宮原知子さんが関大に凱旋!みんなが「おかえり宮原知子」

【動画】宮原知子さんがピアスを開けた理由「ここからチャレンジが始まっています」

現役復帰 高橋大輔さん〝関大所属〟に 学長&理事長が全面支援

返事を書く