関大生の父母で組織する関西大学教育後援会の創立70周年記念式典が2日、高槻キャンパスの関西大学たかつきアイスアリーナで行われ、宮原知子さん(19=文2)、本田真凜さん(15=関大高)らがアイスショーに出演し、華を添えた。

大トリに登場した宮原さんは、エキシビション「翼をください」を披露。左股関節の疲労骨折後、公の場での初の演技に「今までで一番楽しいという気持ちが強かった。きょうやっと楽しく、足のことを何も考えずに、本気で滑ることができた」と笑顔を見せた。

まだ完全には戻りきっていないが「今シーズン五輪に行きたいと思っているので、全日本までにしっかり調整できたらいい」と、優勝選手が平昌五輪の日本代表となるフィギュア全日本選手権(12月20〜24日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)に照準を定める。今季のフリーは、トム・ディクソンさん振り付けによる「蝶々夫人」に決定。きょう3日にカナダに渡り、SPを作成する。

ツインテールをなびかせながら「スプリング・ソナタ」で色香を振りまいた真凜さんは「今季は五輪に出場することを目標にやっていきたい」と気合を入れる。今季SPはジェフリー・バトルさん振り付けによるタンゴ「ジェラシー」と「ラ・クンパルシータ」のミックス曲、フリーはデヴィット・ウィルソンさんによる「トゥーランドット」と明かした。

記念式典には佐藤信夫さん(75=64年経済卒)久美子さん(71=68年商卒)夫妻や高橋大輔さん(31=08年文卒)らフィギュア界のレジェンドが集結。高橋さんは「僕は悔いが残るシーズンを過ごした後悔がある。今の選手にはけがなく悔いなく、納得がいくスケート人生を送ってほしい」とエールを送った。

ブームスポーツでは宮原さん、真凜さんの会見での一問一答を掲載する。【山本朝子、白井康平】

【関連記事】宮原さん会見1 「やっと楽しく、足のことを考えずに滑ることができた」-2017年7月2日

真凜さん会見1「オリンピックに出場することが目標」-2017年7月2日

返事を書く